東京理科大学数学教育研究会 通称「理数研」のHPです。

【お知らせ 2022年5月10日 更新】

2022年5月月例会

日時: 2022年 5月14日(土) 14:00~16:00

オンラインミーティングシステムZoomを使用.
メーリングリストでミーティングIDとパスワードを配信.
メーリングリストに登録されていない方は

risuken◎sumetus.sakura.ne.jp(◎はアットマークに)

までご連絡ください。

新着
2022年5月吉日 東京理科大学数学教育研究会会員 各位 会長  伊 藤  稔 2022年5月 月例会のご案内  若葉の候,いかがお過ごしでしょうか.さて,理数研5月月例会は,オンラインミーティングシステムZoom(インターネット接続必須)を使用し,下記の通り行います.奮ってご参加下さい. 記 日時: 2022年 5月14日(土) 14:00~16:00参加方法: オンラインミーティングシステムZoomを使用.  メーリングリストでミーティングIDとパスワードを配信. 内容:① 数学B「統計的な推測」から紐解く数学Ⅰ「仮説検定の考え方」の授業開発 西大和学園中学校・高等学校/大和大学 光永 文彦 概要: 2022 年度より施行された現行の高等学校学習指導要領では,約30年ぶりに数学 B「統計的な推測」単元「仮説検定」が復活し,数学Ⅰに「仮説検定の考え方」が新設された.特に「仮説検定の考え方」においては,「具体的な事象における仮説検定の考え方を理解すること」とされ,主張の妥当性について,実験などを通して判断したり,批判的に考察することできるようになることを求めている.ここでいう「妥当性」とは,数学Bで学習する二項分布を基にした実験を行い,結果の相対度数...
理数研では春と秋に会誌「数学教育」を発行しております.   投稿論文には,「査読つき投稿論文」と「一般の投稿論文」の2種類があります. 「査読つき投稿論文」につきましては,投稿規定と原稿執筆要領をお読みください. 「一般の投稿論文」も随時受け付けております.   原稿をご提出いただく際のお願いがあります. ・原稿はA4縦,横書きでお願いいたします. ・紙原稿を直接お送りいただくか,pdfファイルにてご提出ください. ・発表スライドなどの場合は,1ページに6枚レイアウトした形式でご提出ください. 送付先は会誌巻末に掲載しておりますので,ご確認ください. ご不明な場合はお問い合わせください. ご提出いただきました原稿をB5サイズに縮小して製本いたします.   次回第64巻2号は10月1日発行を予定しておりますため, 査読付き投稿論文の締切を2022年7月末, 一般の投稿論文の締切を2022年8月15日といたします. 昨今では月例会の報告が主な記事になっておりますが,会員の皆様にはぜひ奮ってご投稿いただければ幸いです. 尚,投稿論文の形でなくても,「会員だより」や「会員の声」など会員の皆様が他の会員の方へお伝えしたい事柄なども 引き続き...
東京理科大学数学教育研究会とは
東京理科大学数学教育研究会(以下,理数研)は 1939 年(昭和 14 年)東京物理学校数学教育研究会として発足し, 1959 年(昭和 34 年)に東京理科大学数学教育研究会と名称を変更,50年以上の歴史を刻んできました.その間,一貫して初等・中等教育における数学教育の実践的な研究を進めてまいりました. 理数研では
 1. 新米,ベテランを気にせずに自由に討論できる場所がほしい
 2. 他の先生方がどのような授業に取り組んでいるのかを知りたい
 3. もっと授業に即した意見交換がしたい
 4. 授業をする上で役に立つネタがほしい
 といった会員の声に応えるような幅広い活動を行っています. 会員は,東京理科大学の卒業生に限らず,現在 600 名以上になっております.現場の数学科教員の立場で数学教育を考え,実践してきた数学科教員が中心の勉強会です.ともに活動に参加していただける方の入会を広くお待ちしています.
会長挨拶

日本の初等・中等教育における数学教育が世界から注目され、研究・実践されてきた背景の1つに、江戸時代から庶民の間で伝承されてきた和算の下地がありました。その下地が原動力となり、明治以降の日本社会の近代化を大きく進展させた上に、現代の繁栄があると思います。これまでの日本の伝統ある数学教育を踏まえて、未来を見据えて、日本の数学教育の舵取りをしっかりと受け継ぎながら、世界に誇る日本の算数・数学教育研究に、理数研がさらなる貢献をしたいと思います。


東京理科大学数学教育研究会 会長   伊藤 稔