トップページへ
 東京理科大学数学教育研究会
THE SOCIETY FOR MATHEMATICS EDUCATION ,TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE 
 
平成27年度 総会・月例会
平成27年度月例会
12
2016/02/29

平成28年度総会・研究大会の開催日程について

| by 庶務部
平成28年度(2016年度)の総会・研究大会は下記の日程で行います。
詳細は、3月末日頃にwebサイトでご案内するとともに、会員の皆様には
4月上旬に総会案内状を郵送いたします。
                     記
平成28年4月24日(日) 10:00~16:30
会 場  東京理科大学    1号館 17階 記念講堂

08:30 | 連絡事項
2016/01/23

1月月例会会場について<緊急情報>

| by 庶務部
本日(1月23日)に行われます月例会の場所は

「森戸記念館」へ変更となりました。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
14:00
2016/01/15

1月例会のご案内

| by 庶務部

平成281月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成28年1月例会のご案内


 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 さて,本年度最後の月例会を以下のように企画いたしました。皆様お誘いあわせの上是非ご参加ください。

                             記

 日  時:平成281月23()  13:0017:00
 場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階記念講堂
 内  容
  1 13:00~14:50 「清水研究室卒業研究構想発表会」

  東京理科大学理学部数学科清水克彦研究室


  2 15:00~17:00 「高校生の数学力NOW 2015年基礎学力調査報告」

  (1) 調査概要      池田 文男  東京理科大学

  (2) 数学Ⅰ・A     新井田 和人 慶應義塾高等学校 

  (3) 数学Ⅱ・B     荻野 大吾  都立戸山高等学校

  (4) 数学Ⅲ       須田 学   筑波大学附属駒場中・高等学校

  (5)  IRT分析        眞田  克典    東京理科大学 

◎ 連絡事項

 1.月例会の後,幹事会をおこないます。

 2.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます。

 3.メーリングリスト形式で配信についてなにか不具合等がありましたら,

   下記までご一報頂ければ幸いです。(メール配信のみで投稿不可と致します)                     

 【問い合わせ先】
 東京理科大学理学部数学教室清水研究室内
 事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
 E-mailsyomusmetus.sakura.ne.jp
 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1
 TEL/FAX 03-5228-8718
 
   1月例会のご案内(PDF)


12:55 | 連絡事項
2015/11/30

12月例会のご案内

| by 庶務部

平成2711月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成27年12月 例会のご案内


 秋も深まり、会員の皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,
12月例会を下記の通り開催いたします。
お誘いあわせの上是非ご参加ください。
                記
日  時:平成271212() 15:00
17:00
場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17
階記念講堂
内  容:自由研究発表
     1 「初等幾何と複素数の関わり -九点円周辺の散歩-」 15:00 ~
        海城中・高等学校 大和 澄夫
     要 旨
      先の発表で定義した、複素数の(仮称)内積や外積を用い、九点円、三角形の五心を題材
     に初等幾何と複素数平面の融和を考える。古典的証明の複素数での表現など。
     ただし、従来行われているように、三角形の頂点を外心を中心とする単位円周上に置く方法
     ではない。
     2 「絵画の中にある数学的な視点から見る教材の開発」 16:00 ~
        
徳島市城東中学校  齋藤 大輔
     要 旨
      絵画の中には,1点透視図法や黄金比・白銀比など、数学的な考え方や図形を使った技法
     で描かれたものがあり、美術的な美しさだけでなく、数学的な視点から絵画を見ることもで
     きる。
     そういった思いから、「数学と美術」とを関連付けた教材開発の研究と実践を行った。

 連絡事項
1. 月例会後,幹事会を行います。幹事の方はご出席ください。

2. 平成27年度の会費(4,000円(東京理科大学生2,000円))納入にご協力ください。

3. ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます。

4. メーリングリスト形式で配信についてなにか不具合等がありましたら、下記までご一報頂ければ幸い
です。(メール配信のみで投稿不可と致します)

 【問い合わせ先】
 東京理科大学理学部数学教室清水研究室内
 事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
 E-mailsyomusmetus.sakura.ne.jp
 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1
 TEL/FAX 03-5228-8718


  12月例会のご案内(PDF)
15:10 | 連絡事項
2015/10/24

11月例会のご案内

| by 庶務部

平成2710月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成2711月例会のご案内


 
秋晴れの心地よい季節となり、会員の皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて,11月例会は,日数教秋期大会プレ発表の予定でしたが,都合により「自由研究発表」となりました。
 お誘いあわせの上是非ご参加ください。

                             記

 日  時:平成271031()  15:0017:00
 場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階記念講堂
 内  容: 自由研究発表
      (1)   「道徳性を養う視点を取り入れた数学の授業に関する研究」
           加藤 竜吾 都立東村山高等学校
      (2)   「コンセプトマップを活用した授業」
           安宅 隆 三浦学苑高等学校
       (3)   「立体図形の定義・用語、学習姿勢と確認得点の関係
              -探索的因子分析の1つの試みについて」
           河合 博一 KAWAI MATHEMATICS INSTITUTE 


◎ 連絡事項

 1.日本数学教育学会第48回秋期研究大会のご案内

   117()8() 信州大学長野(教育)キャンパス 

 2.平成27年度の会費(4,000円(東京理科大学生2,000円))納入にご協力ください。

 3.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます。

 4.メーリングリスト形式で配信についてなにか不具合等がありましたら,

  下記までご一報頂ければ幸いです。(メール配信のみで投稿不可と致します)                     

 【問い合わせ先】
 東京理科大学理学部数学教室清水研究室内
 事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
 E-mailsyomusmetus.sakura.ne.jp
 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1
 TEL/FAX 03-5228-8718

 11月例会のご案内(PDF)


08:55 | 連絡事項
2015/09/24

10月月例会のお知らせ

| by 庶務部
平成27年9月吉日
東京理科大学数学教育研究会会員 各位
会長  池 田 文 男
平成27年10月 月例会のご案内

 秋の長雨が続いておりますが,いかが お過ごしでしょうか.
 さて,平成 30 年には日本数学教育学会 100 周年大会が東京理科大学を中心に行われます.その際,当研究会でも研究発表を行うべく,それに向け以下のような基調発表を行うこととなりました.
 お誘い合わせの上ぜひご参加ください.



日  時:平成27年10月3日(土)  15:00~17:00
場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階 記念講堂
内  容:日数教100周年における理数研研究発表に向けて
(1)中学高等学校数学教育委員会
      委員長 清水 克彦  東京理科大学
(2)進んだ生徒のための中等数学教育委員会
      委員長 伊藤 稔  東京理科大学
(3)生涯学習と中等数学教育委員会
      委員長 池田 文男 東京理科大学
            勢子 公男 練馬区立大泉学園中学校
            槇  誠司 山形県立庄内総合高等学校
(4)数学史教育委員会
      委員長 牧下 英世 芝浦工業大学

◎ 連絡事項
1.次回11月例会(10月31日)は「第48回秋期研究大会プレ発表会」を予定しております.
会員で発表申し込みの方は研究部 kenkyu@smetus.sakura.ne.jp までお知らせください.
2.平成27年度の会費[4,000円(東京理科大学生2,000円)]納入にご協力ください.
3.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます.
4.メーリングリスト形式で配信について,不具合等がありましたら,下記までご一報頂ければ幸いです.
なお,メール配信に関することのみと致します.

                     【問い合わせ先】          
東京理科大学理学部数学教室 清水研究室内
    事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
E-mail:syomu@smetus.sakura.ne.jp
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1−3
TEL/FAX03-5228-8718


09:00
2015/08/02

8月例会のお知らせ

| by 庶務部

平成27年7月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位
会長  池 田 文 男

平成27年8月 月例会のご案内


 梅雨も明け,暑い日が続いておりますが,いかがお過ごしでしょうか。さて, T^3 との共催により,8月月例会として第19回 T^3 JAPAN 年会を実施する運びとなりました.ふるってご参加ください.
なお「9月月例会」は,この会をもって代えさせていただき,9月中は実施いたしません。



日 時: 平成 27年 8月22日(土),23日(日) 10:00~17:00
場 所: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 3号館3階
参加費: 無料(年会冊子2,000円)
趣 旨: テクノロジーは理数教育にも大きな影響を及ぼすでしょう.しかし,ハードウェアがあっても,ソフトウェアがあっても,授業の中でどのように使うかという準備がなければ意味を持ちません.数学的活動での利用,視覚化・探究活動による理解の深まりを追求する,発表者の様々な場面での教材をもとに一緒に触って考えましょう.生徒の目が輝きを求めて明日からの授業を変えるために.

申し込み:方法1 T^3 JAPAN のホームページから.  http://www.t3japan.gr.jp/
     方法2 FAXにて  FAX:03-5309-2881   タイトル:T^3Japan年会参加申し込み
                  氏名/所属/住所(所属先or自宅)/連絡先TEL,FAX(同左)/懇親会<参加or不参加>

【T^3 とは?】Teachers Teaching with Technology の3つのTの頭文字をとってつくられたテクノロジーによる数学関連の教育を推進することの名称です.T^3 JAPAN 年会では,Technology を活用した数学教育の研究発表等が行われます。

◎ 連絡事項
1.今後の月例会開催日にご注意下さい.  10月例会 10月3日(土), 11月例会 10月31日(土)
2.平成27年度の会費(4,000円(東京理科大学生2,000円))納入にご協力ください.
3.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等を
  ご覧頂けます.
4.メーリングリスト形式で配信についてなにか不具合等がありましたら,
  下記までご一報頂ければ幸いです。(メール配信のみで投稿不可と致します)

【問い合わせ先】
                   東京理科大学理学部数学教室 清水研究室内
                    事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
                   E-mail:syomu@smetus.sakura.ne.jp
                   〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1−3
                   TEL/FAX 03-5228-8718
  8月例会のお知らせ(PDF)
09:00 | 連絡事項
2015/07/02

7月例会のご案内

| by 庶務部

平成277月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成27年7月 月例会のご案内

 梅雨の候 いかがお過ごしでしょうか.さて,7月例会は下記の通り行います.
お誘いあわせの上是非ご参加ください

                        記

日  時:平成27711()  15:0017:00
場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階記念講堂
内  
    1「予測のための中等数学第6巻」についての提案
          東京理科大学数学教育研究会 名誉会長 長野 東
    2 日数教北海道大会プレ発表

 (1)「中学校数学科における数学史の利活用のための調査研究
           
-検定教科書での取り扱いを中心に-」
           
100周年数学史教育委員会 瀧本玲子 牧下英世
       
(2)Geogebra5を活用した授業研究」
           
芝浦工業大学柏高等学校 古宇田 大介
       (3)「内省的思考を促すことをめざした指導報告
           
明治大学附属中野高等学校 菅 達徳

 
 連絡事項

1.月例会終了後,夏休み期間中の企画に関する幹事会を行います。

2.平成26年度の会費[4,000円(東京理科大学生2,000円)]納入にご協力ください.

3.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます。

4.メーリングリスト形式で配信について,不具合等がありましたら,下記までご一報頂ければ幸いです。なお,メール配信に関することのみと致します.

 【問い合わせ先】
  東京理科大学理学部数学教室
  清水研究室内事務局長 清水克彦(東京理科大学教授)
   E-mailsyomusmetus.sakura.ne.jp
  〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1
   TEL/FAX 03-5228-8718

   7月例会のご案内(PDF)


08:10
2015/05/22

6月例会のご案内

| by 庶務部

平成275月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成27年6月 月例会のご案内

 
 過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか.さて,6月例会は「ミニ数学講習会」と題し,理科大の数学者お二方に中等数学教育実践者向けの内容でご講演をお願いいたしました.お誘いあわせの上是非ご参加ください.

                記


日  時:平成27年6月13日(土) 15:00~17:00
場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階 記念講堂
内  容:ミニ数学講習会

(1)  「曲面の位相幾何学」           15:00 ~ 15:55 
                   東京理科大学 理学部 佐藤 隆夫     
 講演要約:いくらでも伸び縮みできる球面が与えられたとき,(切ったり貼ったりせずに)どうにかして浮き輪の形に変形できるだろうか.結論から言うとできない.では,できないことをどのようにして数学的に表現するか.このような,現代位相幾何学の最も基本的かつ根本的な問題や,閉曲面の分類定理などの概観を解説する予定である.時間が許せば,曲面上の同相写像たちのなす群(写像類群)についても簡単に紹介したい.

(2) 「数学Ⅳとしての大学の微積分の試み」    16:05 ~ 17:00
                   東京理科大学 理学部 太田 雅人   
 講演要約:大学の微積分の講義では、イプシロン・デルタ論法に代表される厳密な論証が重視されるが、一方で、高校の数学Ⅲで習った微積分の計算をさらに発展させ、より高度な計算ができるようになることも重要である.そのような観点から講演者が数学科1年生に対して行っている講義でのいくつかの試みについて紹介したい.

◎ 連絡事項
1.平成27年度の会費(4,000円(東京理科大学生2,000円))納入にご協力ください.
2.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等を
  ご覧頂けます.
3.メーリングリスト形式で配信についてなにか不具合等がありましたら,
  下記までご一報頂ければ幸いです.(メール配信のみで投稿不可と致します)

  【問い合わせ先】
  東京理科大学理学部数学教室 清水研究室内
  事務局長  清水克彦(東京理科大学教授)
  E-mail:syomu@smetus.sakura.ne.jp
  〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1−3
  TEL/FAX 03-5228-8718

  6月例会のご案内(PDF)


07:55 | 連絡事項
2015/04/25

5月例会のご案内

| by 庶務部

平成274月吉日

東京理科大学数学教育研究会会員 各位

会長  池 田 文 男

平成275月 月例会のご案内


 
会員の皆様には年度初めのお忙しい毎日をお過ごしのことと推察いたします。

さて、5月例会を下記の通り行います。お誘いあわせの上是非ご参加ください。

                                         記

日  時:平成2759()  15:0017:00
場  所:東京理科大学神楽坂校舎 1号館17階 記念講堂
  容:自由研究発表
     (1) 「思考力・判断力・表現力をはぐくむ指導法の工夫

   - 小中連携教育を考慮した算数・数学の授業改善を通して」

            洗足学園音楽大学非常勤講師 小林 博

 概要:中学校数学科で行う学習内容を小学校では発展的な学習として取り上げられている。
それを中学校数学科で行う課題学習の趣旨をふまえた授業展開の在り方を探究することにより、あわせて小中連携教育を考慮した授業改善を推進することにより、思考力、判断力、表現力をはぐくむ指導法を究明する。そこで、学習課題を「円などの周から1m離れた周の長さ」と「2つの経路をたどる円などの周の長さ」として、課題学習と発展的な学習を取り入れた3時間の実践授業を行い、その指導法を究明した。
(2) SSH校における和算に関する指導報告 

           茨城県立竜ヶ崎第一高等学校 小林徹也  

 概要:本指導の特徴は、SSHに関わる学校設定科目1単位において

1年生全員が協働的に  ②現代語訳及び解説書のない和算を題材に 

③古文から現代語訳、数学的に表現,さらに英訳し、ポスターに集約 

④ポスター発表  ⑤ポスターすべてを冊子,WEBに掲載
 http://www.ryugasaki1-h.ed.jp/ryuichi%20ssh/ryuichisshwasan_web.html

⑥「算額」づくりをした 

ことにあります。

◎ 連絡事項

1.平成27年度の会費[4,000円(東京理科大学生2,000円)]納入にご協力ください。

2.ホームページ(http://smetus.sakura.ne.jp/)からも月例会のお知らせ等をご覧頂けます。

3.メーリングリスト形式で配信について、不具合等がありましたら、下記まで

ご一報頂ければ幸いです。なお、メール配信に関することのみと致します。
    5月例会のご案内(PDF)

【問い合わせ先】
東京理科大学理学部数学教室 清水研究室内
事務局長 清水克彦(東京理科大学教授)
 E-mail
syomusmetus.sakura.ne.jp
 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1−3 
 TEL・FAX 03-5228-8718


14:30 | 連絡事項
12